神社仏閣史跡巡りが趣味

私は神社仏閣史跡巡りが趣味です。
せっかく神社やお寺さんに行ったからには、そこの御札とかお守りとかを買い求めようと思うのは人間の性……じゃ、ないかなーと思っています。

一説によると、アチラコチラのお守りをいっぺんに持ち歩くと
『神様や仏様同士が喧嘩して、かえって良くない』
と言われたりもしますが
『神様や仏様だから、怒ったりしないだろう』
と、構わず持ち歩いていたりもします。
……しますが、日本の神話を紐解くと、結構神様は怒りっぽいので気をつけなければいけないのかなーとも思ったりするわけですが。。。

それはさておき。
私が一番ご利益があったと思うお守りのお話をしたいと思います。
これはあるお寺さんで見つけたお守りで
『夢と幸を叶え結ぶお守り』
と言う長いタイトル(?)のものでした。
これは2つで1組になっており、片方には『夢』『幸』『愛』『願』などの文字が書かれており。
もう片方には『叶』『結』と書かれているものです。
つまり、自分の願い事に合わせて2つのお守りを組み合わせる仕組みになっているわけです。
例えば、縁結びならば『縁』『結』を。心願成就ならば『願』『叶』という具合です。

私はその時にやりたいことがあり、そのために色々と活動していた時期でしたので
『夢』『叶』
の組み合わせにしました。
その2つを仕事カバンの中に入れ、毎日ずっと持ち歩いたのです。

そして――それからすぐに活動が実を結んで、私の昔からの『夢』が『叶』うことになりました。
もちろん、努力も一生懸命しましたし、周りの人たちに助けられてのことですが。
でも、このお守りのご利益もきっとあったと思うのです。お金持ちになれるお財布などもそうですが、縁起物も無碍にはできないなと思います。

遠方のお寺さんで、なかなかお礼参りにも行けませんが。
お礼参りの際はお守りをお寺さんに収め、お世話になった皆様に感謝の気持ちを込めて
『幸』『結』
のお守りを持ち歩きたいと思っています。